筋力がない人は筋トレという概念でいいの?

2019/05/10 ブログ
ロゴ

筋力が弱い人はいます。筋トレが必要な人もいます。

前回のブログでは身体の硬い人はストレッチと簡単には結びつけないような内容でした。

今回もそれに近い内容になっていくと思います。

 

 

 

一言で筋力といっても意味は様々です。

筋張力、筋持久力、瞬発力など。簡単に言うと、筋張力とは筋が引っ張る力、筋持久力とは一定の力を持続する力、瞬発力とは短時間にどれだけ力が発揮できるかということです。

瞬発力を必要とする競技で持久力を高めても目的が違います。目的に合わせて筋トレをする必要があります。

 

今回述べたいのはこういう内容ではありません。

 

 

 

筋力が弱い人に筋トレは必要でしょうか。

 

 

答えはYESです。当たり前です。

ただ、安易に筋トレに結び付けるのは間違いです。

 

 

 

筋トレをする前にしておかなくてはならないことがあります。

 

 

関節が正常に動いているか。難しく言えば軸「アライメント」が正常か。

筋の長さは適当か。難しく言えば「静止長」がとれているか。

 

 

 

いくら強い力を持っていても、必要なときに適格に発揮できなければなりません。

関節が動かなければ、いくら力を発揮しても正しく動きません。

 

 

 

動かされるものが「関節」、動かすものが「筋」であれば、両方が正常でなければなりません。

逆に言うと、関節がスムーズに動けば、あまり力を入れずに動かすことができます。

そしてその両方を統合しているのは「神経」です。

 

 

 

筋トレとはそれらの教育です。動かすところ、止めるところ、意識するところができていなければなりません。

一つの関節を動かすだけでも、あらゆるものを動員して行う運動です。

それが多関節や立位・バランスと組み合わせるともっと動員するものが増えています。

 

 

そこに張力、持久力、瞬発力を掛け合わせてトレーニングする必要があります。

最終的には筋トレをしている目的を間違えてはいけません。

筋トレをするために筋トレをしている場合はほとんどありません。

 

 

 

ボールを遠くへ投げるため、速く走るため、正確なキックができるため。

筋トレの情報をそれらに繋げなくてはなりません。

 

最終的には無意識下で運動を行えるところまで落とし込まなくてはなりません。

 

 

 

 

だんだん訳がわからなくなってきたと思います。

これだけのことを考えてもまだ、筋力が弱い人は筋トレとすぐに結び付けますか?

 

 

 

前回のストレッチもそうですが、物事には原因があり、それぞれ違います。

 

身体が硬いからストレッチする。

筋力が弱いから筋トレする。

身体が硬いから筋トレすれば柔らかくなる。

筋力が弱いからストレッチすれば力が出る。

 

すべて正解で、ときには間違いです。

 

 

目的に沿った正しい判断が必要ですよね。